03.バケツドラマー”MASA”「いろんなモノの橋渡しになりたい」

3.11。

東北を襲った大地震から7年が経ったこの日。

ある路上ミュージシャンが、チャリティーバスキングと題して、渋谷の路上にてライブを行なっていた。

前回の取材アーティストは↓

02.中村パーキング「不特定多数の人に見てもらえるのが路上」 | Shine a light

 

バケツで作ったドラムと、パイプで作られた”ディジュリドゥ”という民族楽器を使い、独創的でエネルギッシュなリズムを奏でていた彼の名は、バケツドラマー”MASA”。

震災当時は渋谷でも、地震を境に節電が叫ばれ光が無くなり、街が暗闇に包まれることもあったが、
この日の渋谷はとても煌びやかで、その頃の面影はもうない。街行く人々の記憶からも当時の記憶が徐々に薄くなってきている。

それでも当時のことを風化させない為に、彼なりの、彼にしかできないアクションを起こしているMASA。

彼の演奏、インタビューから発せられた彼の発言からは、想いの芯に確固たる信念を感じた。

 


バケツドラマー”MASA”

masa_profole-001

1988年生まれ。神奈川県出身。

かねてより路上パフォーマンスに興味を持ち、201­2年2月オーストラリアのメルボルンの路上にてバケツドラムを始める。

日本に帰国して­からは、ヒッチハイクで47都道府県を旅し、路上でバケツドラムパフォーマンスを行う­「バケツドラムの旅」を実施。「お金がなくても音楽を楽しめる」をコンセプトとしてお­り、ガソリンスタンドでもらったゴミのバケツとホームセンターで買ったパイプを使って­演奏を行っている。

現在は全国各地での路上パフォーマンスを中心に活動しており、ひと­たび彼が演奏を始めれば道行く多くの人々が足を止める。

2015年にはテレビ出演も­果たし、活動の幅を広げている。

Bucket Drummer MASA 公式ページより一部引用

twitter: @masamichi_kato
Instagram: bucket_drummer_masa

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2020 Shine a light