04.篠崎薫「落ち込んでいる人が聞いて、元気を出そうと思えるような音楽を作りたい」

涼し気な空気が漂う新宿の夜。

透き通る様な繊細な歌声が、雑踏の中から響き渡っていた。

前回の取材アーティストは↓

03.バケツドラマー”MASA”「いろんなモノの橋渡しになりたい」 | Shine a light

声の主は「篠崎 薫」

その声から生み出される心地よいメロディーで、聞く者を一瞬で魅了していく。

小さな身体ながらも、パワーを感じる歌声。そして垣間見える優しさ。

彼女の歌は騒がしい新宿の路上で、ひときわ輝いていた。

 

 


篠崎薫

kaoru_s

篠﨑薫(しのざき かおる)シンガー・ソング・ライター、ギター、ハーモニカ

飾り気の無いメッセージを、飾り気の無い音楽に乗せて、国籍もジェンダーも関係ない、
今も昔も変わらない「大切なもの」を歌うシンガー・ソングライター。

中東の悲惨な出来事、世界中で相次ぐテロ。
メディアを賑わす芸能人、政治家達のスキャンダル。
自撮りで溢れる SNS。 ポストに溜まったチラシの山、昨日観た映画。

毎日目に映る出来事、感じること、 すべてのことを肯定し考える。
期待感と絶望感が交差し、孤独感に襲われる。
生まれてきた意味って何だろう?
生きて行く意味って何だろう?
愛すること・・・
愛されること・・・

そんなことを考えている内に曲が生まれ、
気がついたらストリートで歌っていた。

たくさんの人に歌を聴いて欲しいと思う自分に気がついた。
24 歳の春、これからの人生、歌い続けることに決めた。

http://kaoru-shinozaki.com/より一部引用

twitter:@Cno_Ru

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2020 Shine a light